Modern history in my mind

  • Home
  • Modern history in my mind

Modern history in my mind Modern history

31/01/2024

From devastation to prosperity, this multi-part series delves into Japan's remarkable economic journey from the ashes of World War II to the challenges of th...

15/10/2023

Renowned filmmaker Christopher Doyle narrates this uniquely vivid picture of Chinese history through film, compiled with exclusive access to the British Film...

26/06/2022

アメリカ人と日本人と中国人とチベット人が一つの机に一緒に座っていた。アメリカ人は葉巻を取り出すと、一口吸っただけで捨ててしまった。居合わせた皆は驚き、何故一口で捨てたのか問うと、「なに、アメリカにはこ...

26/06/2022

「軍事力で他の国を屈服させるというのは昔ほど大切な要素では無くなりました。」ロシア「何を言っているのだろうか。」北朝鮮「さあ。」

26/06/2022

これまでの歴史観とは全く違ったアプローチで、独自の近現代史を構築するノンフィクション作家・林千勝氏と弊社代表の水島が、現代の様々な問題を論じ合い、今後の日本の視座を考える対談番組。 出演:林千勝(近現.....

26/06/2022

台湾「自分こそが中国だ。」中国「いや、台湾は中国ではない。こちらが中国だ。」台湾「なら、そちらが中国で、自分は台湾ということにしよう。」中国「いや、台湾は中国だ。」台湾「!?」Dark Walk by Kevin MacLeod is licens...

13/06/2022

近代日本の阿片政策史研究の現状と課題
https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/opac_download_md/2230995/p121.pdf

10/06/2022

Transcript of Top Gun: Maverick

01/06/2022

よく聞く言葉に「日韓併合」というものがあります。

明治43(1910)年8月22日に、いまのソウルで、寺内正毅統監と李完用首相が調印し、29日に裁可公布して発効した「韓国併合ニ関スル条約」によって、朝鮮半島をいまの北、南ともに日本が併合したことを指した言葉です。

この条約について「北朝鮮や韓国は、当時日本が収奪のために無理やり朝鮮半島を植民地支配したものであり、条約そのものが無効である」などと主張しているようです。

ところが、この条約には次のように書いてあります。

~~~~~~~~~~
【韓国併合ニ関スル条約】

日本国皇帝陛下および韓国皇帝陛下は、両国間の特殊にして親密なる関係を顧み、相互の幸福を増進し、東洋の平和を永久に確保せんことを欲し、此の目的を達せんがためには、韓国を日本帝国に併合するに如かざることを確信シ、ここに両国間に併合条約を締結することに決し、これがため日本国皇帝陛下は、統監子爵寺内正毅を、韓国皇帝陛下は内閣総理大臣李完用を各その全権委員に任命せり。
よって右全権委員は、会同協議の上、左の諸条を協定せり。
~~~~~~~~~~~
つまり日本は韓国を、チャイナの隷属国ではなく、独立した主権を持った「国家」として認識していたことが明白です。

そのうえで、条項は以下のように続きます。

~~~~~~~~~~~
第一条
韓国皇帝陛下は、韓国全部に関する一切の統治権を完全かつ永久に日本国皇帝陛下に譲与す

第二条
日本国皇帝陛下は、前条に掲げたる譲与を受諾し、かつ全韓国を日本帝国に併合することを承諾す。
~~~~~~~~~~~

要するに日韓両国は、互いに独立した主権国家であることを認めたうえで、その主権者である韓国皇帝が日本にその一切の統治権を委ね、これを日本は承諾した、という内容です。

この条約が交わされた明治43(1910)年というのは、日露戦争の5年後にあたります。
ロシアを破った日本は、西の英国、東の日本と並ぶ世界最強国家と世界に認識され、植民地支配に苦しむ黄色人種諸国、黒人種諸国のまさに希望の星だった時代です。
日本に対する世界の評価は、まさに「世界を代表する一等国」だったわけです。

しかも、日露戦争の2年前(明治35年)には、日英同盟が成立していた。

つまり、東洋諸国やアフリカ諸国、南米諸国等、有色人種の住む国は、ことごとく白人に支配される植民地となっているなかで、世界の有色人種中、ある意味唯一の独立した有色人種国家であり、しかもその実力は、白人諸国の中の最強国家英国と並び、しかも日本と英国は対等な同盟関係を結んでいた。

これはどういうことかというと、いわば冷戦時代の米ソが互いに軍事同盟を結んでいたようなもので、この2カ国が同盟関係になったら、世界の諸国は束になってもまるで敵わない。
そういう実力を持った国が日本として世界で認識されていた、ということです。

そしてロシアの南下におびえ、チャイナによる再支配による暗黒時代に決別を期したい朝鮮半島は、むしろ積極的に日本の保護下にはいり、日本と一体となってその叡智を学ぶことで、自身も世界の一等国たらんとしたわけです。

法治国家であれば、「法を守る」のはあたりまえのことです。
そのあたりまえのことを、あたりまえにすれば、日本国政府は、彼らの生命、財産を守り、保護し、福利厚生をちゃんとしましょう、というのです。

まったく内地に住む日本人に対する待遇とかわらない。
しかも真面目に生きる者であれば、日本の官僚としても採用しましょうというのです。

いわゆる欧米の有色人種国家に対する「植民地政策」というのは、その国の民の生命など、支配国である白人は守らないし、財産権など与えることもありません。
なぜなら、その国のすべては、支配国側のモノだからです。
要するに、その国に住む人々というのは、ヒトですらない。家畜と同じ「動産」でしかない、ということです。

ですから、たとえばいまの日本では、家族同然に可愛がっている飼い犬や飼い猫を殺されたら、器物損壊罪が成立するだけで、殺人罪は適用されませんが、それと同様に、植民地支配をする白人国家の白人が、被支配地(植民地)の人を殺しても、殺人罪は成立しなかった。
最良の場合でも、器物損壊罪にしかならなかったのです。

ところが日本の日韓併合では、半島人を日本は、日本人として日本人と同等に扱うと、条約に書いている。
これは巷間言われる「植民地支配した」などというものではなく、あくまで日韓併合は、「対等な政治的「併合」である、ということです。

そして実際には、苦しいところ、たいへんなことは、むしろ日本人がこれを担い、半島人にはできるだけ負担をかけないよう、さまざまな配慮をしている。
対等どころが、政治的、経済的、道徳的には、むしろ敬いの心をもって彼らを保護しています。

時代がずっと下がって大東亜戦争に至っても、本来、植民地支配なら、敵国と戦うときには、まず植民地の兵隊を先にたてて戦わせるのがセオリーです。

たとえば、ハリウッドの戦争映画などを観ると、白人の兵士が勇敢に戦っているシーンが連続するけれど、実際に大東亜戦争で行われていたことは、日本兵と対峙したとき、先頭を行かされるのは、いつもきまって黒人です。

銃を持った黒人が進んでくれば、日本軍は発砲せざるを得ない。
そして発砲すると、居場所がわかるから、そこに向けて後ろから白人兵が銃を撃ったというのが実情です。

けれど当時の日本は、半島人をそのように使わなかった。
苦しい戦いでも、まず命を的にして戦ったのは日本人兵です。
むしろ朝鮮人は、多くの場合、軍属として手厚く保護した。
多くの日本兵は、彼らを守るために死んでいったのです。

それが歴史の事実です。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1273.html

全文はブログからお読みください。
☆応援クリックも、よろしくお願い致します。

05/05/2022

まず、日本国民が正しい歴史を知って、どうすれば戦争もせず、お互いに平和に暮らしていけるのか、を考えていかなければいけません。この動画が、ほんのわずかでも日本が良くなるように貢献出来たら、とても嬉しく思...

30/04/2022

ペーパークリップ作戦(ペーパークリップさくせん、英:Operation Paperclip)は、第二次世界大戦末から終戦直後にかけてアメリカ軍が、ドイツ人の優秀な科学者をドイツからアメリカに連行した一連の作戦のコード名である.....

27/04/2022

1970年、昭和45年暮れの池袋・六ツ又交差点付近です。一番上が首都高速5号線、その下に川越街道と春日通りなどを結ぶ一般道の立体交差、そして地上に六叉路の交差点があります。立体交差なのに信号があるようで、車が.....

24/04/2022

Author Michael Pillsbury weighs in on China’s role in the American fentanyl crisis and the U.S. response to the China-Taiwan conflict on ‘One Nation.’ ...

15/03/2022

“To prevent World War III and an attack on Russia with nuclear weapons, Putin decided to neutralize the threat and restore order in Ukraine”

15/03/2022

今の時代は 真実と正義をより必要としています香港は中国共産党に抑圧されながらも その専制体制に絶えず抵抗してきました当チャンネルの柱番組「役情最前線」は 広東語で「戦役における最前線の情報」を意味します国...

15/03/2022

<テーマ>「激論!プーチンは反DSの英雄か狂気の侵略者か?」<出 演> 松田政策研究所代表 松田学 情報戦略アナリスト 山岡鉄秀◆ニコニコ動画*前後半約90分(後半は有料) https://live.nicovideo.jp/watch/lv336102796<....

15/03/2022

The United States and NATO worry that Russia may be planning an invasion of Ukraine. A renewed crisis could spur the United States and its NATO allies to go beyond, perhaps well beyond, their responses to Russia's 2014 assault.

Address


Website

Alerts

Be the first to know and let us send you an email when Modern history in my mind posts news and promotions. Your email address will not be used for any other purpose, and you can unsubscribe at any time.

Shortcuts

  • Address
  • Alerts
  • Claim ownership or report listing
  • Want your museum to be the top-listed Museum?

Share