アレクサンダー・ハミルトン合衆国税関

アレクサンダー・ハミルトン合衆国税関 アレクサンダー・ハミルトン合衆国税関 は、1902–1907年に連邦政府によってニューヨーク港の関税徴収業務のために建設されたニューヨーク市にある建物である。元々は合衆国税関 と呼ばれていた。マンハッタン島のほぼ最南端のボウリング・グリーン1番地に位置しており、すぐ南はバッテリー・パークである。現在はこの建物は国立アメリカ・インディアン博物館のニューヨーク分館およびニューヨーク州南部管区の破産(審査)裁判所 として使われている。2012年からはニューヨーク市のアメリカ国立公文書記録管理局もこの建物を使用している。建築ミネソタ州出身のキャス・ギルバートによって設計され、彼は後にこの建物の階段からも見えるウールワースビルの設計も手がけている。ギルバートを設計に抜擢したことは当時議論を呼んでいる。1893年まで連邦政府の業務ビルはアメリカ合衆国財務省の政府の建築家が設計していたが1893年の成立により建築監督室はコンペを行った上で私設の建築家を雇えるようになった。建築監督のはギルバートを選出した。ギルバートとテイラーは以前にセントポールのGilbert & Taylor建築事務所でパートナーを組んでいた仲であったため、これはスキャンダルとなりこの法律は1913年に破棄されることとなった。この建物は1902年から1907年の間に建設された。ボザール様式の傑作の一つであり、税関手続きは斬新なローマ式のドームの下で行われた。建築と技術と芸術を統合し、ボザール様式と都市美観計画の原理を組み合わせるというコンセプトの下で設計された。当時名の知れていた、およびといった芸術家たちによる豪華な彫刻、絵画、そして装飾に加えて優美なファサード、二階建ての高さの玄関ポーチコ、ファサードと平行するメインホールのロタンダ、そしてコレクターのレセプション・ルームなどを備えている。彫刻はこのコンセプトにとって非常に重要な要素だったので、各肖像は独立したグループと契約された。正面玄関を飾る大陸 (The Continents) または四大陸 (Four Continents) 、すなわちアジアアメリカヨーロッパそしてアフリカ、という作品はフレンチそしてパートナーとしてと契約がなされた。メインコーニスの上には偉大な航海国家(フェニキア人の後継者とみたてたアメリカの航海貿易)を表現した立像が置かれている。世界恐慌さなかの1936年には公共事業促進局はメインロタンダの壁画の製作をに委託した。

Operating as usual

Address

New York, NY

Alerts

Be the first to know and let us send you an email when アレクサンダー・ハミルトン合衆国税関 posts news and promotions. Your email address will not be used for any other purpose, and you can unsubscribe at any time.