英国最高裁判所

連合王国最高裁判所(れんごうおうこくさいこうさいばんしょ、)は、2009年10月1日に設立されたイギリス(連合王国)の最高裁判所である。沿革2005年の憲法改革法(Constitutional Reform Act 2005)に基づき、貴族院(上院)の常任上訴貴族院(Lords of Appeal in Ordinary/通称:法官貴族・Law Lords)の司法機能(judicial functions of the House of Lords)と枢密院司法委員会(Judicial Committee of the Privy Council)の機能の一部とを移管して設置された。2003年、上院の「現代化」を唱える当時のトニー・ブレア首相が改革に着手し、推進されてきたものである。従来、イギリスの最高法院は上院に付属する機関であった。伝統より、三権分立の厳格化を求める世論が高まった結果である。国民に身近な司法を目指してBBCなどのテレビ局に審理を公開するなど、システムが大きく変化している。管轄新しい最高裁判所は、イングランドおよびウェールズ、そして、北アイルランドにおける刑事訴訟および民事訴訟の終審裁判所である。新しい最高裁判所は、スコットランドの刑事訴訟を管轄しない。スコットランドにおける刑事訴訟の終審裁判所は、従来どおり、スコットランド最高法院(High Court of Justiciary)であり続ける(ただし、欧州人権条約又はEU法違反の主張に対する判断を除く。)。一方、新しい最高裁判所は、従前の上院と同様、スコットランド民事控訴院(Court of Session)からの上訴を審理する。。なお、これまで上院が、民事に関してのみ上訴管轄を有し、刑事に関しては上訴管轄を有しないとされてきたのは、上院自身の判例(先例)に基づく。その理論的な根拠として、スコットランド統合法(1707年連合法)によって、連合王国の上院はスコットランド議会の権限を承継したとされるが、スコットランド議会には刑事裁判所の判決に対する救済を受理した先例がなかったことなどが挙げられるが(なお、スコットランド統合法は、従前のスコットランドの「司法組織」を維持するものとしたが、スコットランド議会は、その上訴を受理する権限を含め、「司法組織」に当たらないとされた。)、歴史的な経緯による部分も大きい。

Address

London

Alerts

Be the first to know and let us send you an email when 英国最高裁判所 posts news and promotions. Your email address will not be used for any other purpose, and you can unsubscribe at any time.

Shortcuts

Nearby museums